スタッフ便り

2017.4.16 Update
経静脈栄養と経腸栄養について

こんばんは、獣医師の加地です。

先日、経静脈栄養と経腸栄養についてのセミナーに参加して来ました。

簡単にいうと、様々な原因によって食事から十分な栄養をとれない動物にチューブを使って栄養補給する、というものです。

チューブの設置場所は様々あり、血管に設置したら経静脈栄養。                                                    腸管につなぐように設置したら経腸栄養といいます。

経静脈栄養は、

⚪︎体中心部にある太い血管を利用する中心静脈栄養

⚪︎手足の血管を利用する末梢静脈栄養

に分けられます。

 

経腸栄養は、

⚪︎鼻に入れる経鼻食道チューブ

⚪︎喉元に入れる咽頭造瘻チューブ

⚪︎食道に入れる食道造瘻チューブ

⚪︎胃に入れる胃造瘻チューブ

⚪︎腸に入れる腸造瘻チューブ

などに分けられます。

 

これらの中から動物の病気、麻酔可能かどうか、入院期間、性格などを考慮して適したものを選択し、栄養補給を行います。

例えば、口が痛くて食べられない、麻酔は可能、性格が穏やかでチューブを入れても管理可能なら食道造瘻チューブや、胃造瘻チューブを選択します。

実際に当院でも少し前まで食道造瘻チューブから栄養補給を行なっている猫ちゃんが入院していました。

このこは、顎が外れてしまい口を開けることが出来ないため、顎が固定されるまで食道造瘻チューブを設置しチューブ用の流動食や缶詰をミキサーにかけたものチューブから与えて栄養補給をしていました。

顎が固定されるまではなかなか日にちがかかりましたが、チューブのおかげで栄養摂取をすることが出来、この猫ちゃんは元気に生活でき、無事回復して退院をしました(^_^)

 

2017.3.8 Update
紹介します(^-^)

こんばんは、看護師のMです。

今回はさかたに動物病院のスタッフ犬を紹介したいと思います。

 

T.プードル 2005年1月10生 男の子 12歳の初老です💦

2016年8月15日より、さかたに動物病院の仲間入りしました‼️

糖尿病を患っており、食事管理とインスリン注射1日2回がんばってます。

診察中はケージの中で過ごしていますが、それ以外は院内を散歩したりしています!

動物には興味なしですが、人は大好き😘なので、見かけたら声をかけてくださいね〜✌️

IMG_2365

IMG_2366


IMG_2406 IMG_2407

2017.2.27 Update
横浜でのセミナー

日本獣医内科学アカデミー学術大会

獣医師の池田です。

先週行っていた学会は、複数の会場で同時にプログラムが進行していくので、自分の興味のある分野を選んで聞くというものでした。

猫ちゃんで多い慢性腎不全に対する新しい検査・薬の話や実は隠れて多い膵炎の話、

手術を受けた子の疼痛管理の方法、猫の心筋症の診断・治療などなど
病気に対して体系的にまとめてあったり、すぐに診療に生かせる内容だったりで充実した2日間でした(*^^*)

IMG_2242

2017.2.27 Update
⭐️⭐️診療時間 一部変更のお知らせ⭐️⭐️

4月1日より日曜・祝日の診療時間を変更いたします。

 

月曜〜土曜    午前9時〜12時  午後4時〜8時

日曜・祝日    午前9時〜12時    午後4時〜6時

※予約診療は平日・日・祝すべて    午後2時〜4時

と、なります。

宜しくお願い致します。

 

 

 

2017.2.17 Update
ただいま横浜にいます⭐️

獣医師の池田です。

なんで横浜かというと、年に1度開催される日本獣医内科学アカデミー学術大会に参加するためにやってきました。
全日程は3日間なんですが、お休みをもらっている金曜日土曜日で参加します。

普段のセミナーとかもいいのですが、こういう大きな大会ではまた違った刺激を受けるため初心にかえって頑張ろうという気持ちにさせてくれます(*^^*)

内容等はまた後程、ということで、二日間がんばってきます(^_^)v

IMG_2210

IMG_2211IMG_2212

2017.1.17 Update
葉月会セミナーに行って来ました

葉月会セミナー「免疫抑制剤の使い方 アップデート」に参加しました。
あけましておめでとうございます
獣医師の池田です。

医学はもちろんですが、獣医の世界も日進月歩で、僕たちも日々勉強です。
ということで、1月6日に新年初のセミナーに行ってきました。

今回は、
日々診察をしている中で必ず出会う免疫介在性の病気。その治療に使用する免疫抑制剤についてのセミナーでした。
昔から使用してきた薬から獣医療としては最近使われはじめた薬まで、講師の先生の実際の使用例をまじえながらのセミナーでした。

今回学んだ内容を明日からの診療に生かしてがんばっていきたいと思います。

IMG_1767

2017.1.10 Update
🎍新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

 

昨年はお陰様で当院も30周年の節目を迎えることが出来ました。

30周年を振り返り、人と動物の関係もずいぶんと変わったと思います。

動物を家族の一員としてとらえるコンパニオンアニマルとしての考えです。

その国の文明度は、いかに動物愛護の精神が国民にあるかがバロメーターだといいます。

人々の心が豊かでなければ、動物を思いやることなど決して出来ないからだと思います。

戦後物資がありふれ返り暮らしが豊かになり、そして今、皆が心の豊かさを望む時代となりました。

日本に本当の動物愛護の精神が育まれているのを感じ獣医師として喜びに思っています。

物言わぬ動物の健康を守るため、一年の始まりに心を新たにして獣医療に励んでいく所存です。

 

輝かしい年頭にあたり、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

平成29年1月元旦

院長  酒谷 理加

img_1752

2016.12.19 Update
あなたの知らないさかたに動物病院の世界 その1

こんにちは、看護師のT.Kです。

さて、今日は病院の裏側というか

動物病院ってどんなことをしているのか…

 

まず興味のある方が多いのでは?と、勝手に思っている手術室を

ご紹介します。

 

まず手術に欠かせないのは?そう、麻酔をかけることですよね。

麻酔をかけるというと少し不安に思われる方もいらっしゃると思います。

では、当院はどのようなことをして、より安全に麻酔管理を行っているのかを少しお話します。

 

 

まず手術前には必ず血液検査(必要に応じて項目数はちがいますが)をしてから

必要に応じて麻酔前投与注射(心拍数を上げるものや、痛み止めなど)をします。

そして人と同じように静脈留置からの点滴を開始

(緊急時にはここから緊急薬を入れるのでとっても大事!)

ここまで終わったら、いざ麻酔をかけていきます。

注射麻酔でまず寝かせてから、すぐに気管チューブを挿れて

そのあとはガス麻酔で維持をしながら麻酔モニターと人の目で動物の状態を常にみています。

 

当院ではドレーゲルというドイツのメーカーの麻酔器を使用しています。

人間の病院でも使用しているかなり品質のいい麻酔器で、

今までより正確に麻酔量や呼吸管理の調節ができます。

この器械のおかげで私たちも安心して麻酔管理を行うことができています。

さらっと言うと

心拍数、心電図、血中酸素濃度、体温、血圧、麻酔濃度、

呼吸数、呼吸1回の換気量、呼吸1分間の換気量 です。

img_1256

これらを見ながら、その子その子に合う麻酔の量や呼吸数、換気量などを調節して

安全な麻酔管理と手術に日々とりくんでいます(o^―^o)

 

お家の大切な家族を病院に預けて、手術をするときの様子を少しお伝えできたでしょうか?(^◇^;)

これからもみなさんが知りたいかなー。。と勝手に思いついたことを時々載せてみたいと思います!

2016.12.16 Update
循環器学会に行ってきました!

初めまして、獣医師の加地です。

12/2〜3の二日間

福岡で日本獣医循環器学会が開催されました。

img_1252

心臓病についての勉強会で、個人的に関心のある分野だったので

病院から参加させていただきました。(^^)

大学病院や心臓専門病院などでの診断や治療を学べ、

日々の診療でも活かせる心エコーの見かたなどの新しい知識も得られて

刺激を受けた二日間になりました!

 

ちなみに、博多の夜はラーメンを3杯食べてきました。

img_1251

最後は味に飽きました…(^◇^;)

 

2016.11.15 Update
(^^) ブログ始めます

初めまして、看護師のKです。

 

もう今年も残すところ2ヶ月弱ですね。

年内には始めたいと思っていたブログをやっとスタートさせたいと思います(^◇^;)

 

一年の終わりになると、やりたくなるのが大掃除ですね。

私は個人的にはとっても苦手分野ですが…( ;  ; )

病院でもちょこちょこと

片付けや模様替え的なことをみんなでしはじめました。

 

そして恐ろしい量のゴミが出てきてます!(◎_◎;)

image1

院内を使いやすくするために、みんなで頑張りまーす)^o^(